レーズンサンドといえば、例えば北海道は六花亭のマルセイバターサンドや東京で言えば小川軒のレーズンウィッチなど、クッキーにラム酒につけ込んだレーズンをクリームと一緒に挟んだものを思い浮かべます。
このレーズンクリームサンドはJR東日本が駅構内で運営しているコンビニNEWDAYSのプライベートブランド商品で製造しているのはパスコだったと思う。
NEWDAYSの菓子パンはパンというより洋菓子に近いこってり甘くて美味しい商品が結構あって、電車に乗る機会があるとつい買ってしまいます。

レーズンクリームサンド NEWDAYS PB こちらがレーズンクリームサンドの外観です。
NEWDAYSではラム酒の香るレーズンとクリームを、サブレではさんだ商品も
日本語名では同じ商品名をつけていますが、ちょっと違います。
クッキー系の方を食べたことがないので味は比べられませんが、パスコじゃなくって お菓子屋さんが作っているんじゃないかと想像する。
だとしたら、クリームの味が違うかも知れませんね。

レーズンクリームサンド NEWDAYS 断面 半分に割ってみたところの断面です。ラム酒の香りがついたレーズンとクリーム。
ケーキ生地の見た目はフィナンシェに近いのですが、フィナンシェのようにバター感はないです。
むしろ卵たっぷりのカステラのような生地で弾力があります。
また、中に入っているレーズンクリームも甘さが控えめな方なので、
やっぱり洋菓子というより、菓子パンの路線です。これは後引くなぁ。

NEWDAYSはJRに乗るときでないと立ち寄ることがないので、たまにしか行けないけども、
そのたまに行ったときに他ではみたことない製品を買うことができて楽しい。
甘すぎないところがおやつにちょうどいいです。

パッケージにヒット商品と書いてありますが、頷ける。次に行ったときもあったら買っちゃお。