ヤオイソ フルーツサンド いちじくサンド アップ  京都は2時間物のテレビドラマや太秦が時代劇の撮影に使われることもあり、多くの俳優さん達がしばし紹介するのがこのフルーツサンド。
フルーツサンドはサンドイッチ専門店等で時々みかけますが、京都の果物屋さんが発祥だという説もあります。京都の四条大宮駅前にあるヤオイソさんがそのお店なのかな?
様々なフルーツがミックスされたサンドイッチもありますが、今回は季節限定のいちじくサンドをお持ち帰りしました。

ヤオイソ フルーツサンド いちじくサンド 京都 こちらがヤオイソさんのいちじくサンドです。
いちじくがたっぷりの生クリームと共にパンに挟まれています。いちじくのみ。
スペシャルサンドだといちご、キウイなど様々なフルーツが入っているので かなり悩みましたが(同じ味ばかりにならずにすむし)、 季節限定という言葉に弱く、こちらを購入してしまいました。

ヤオイソ フルーツサンド いちじくサンド 京都 パッケージをあけるとこんな感じです。作られた当日に食べた方が良かったんだろうけど、
持ち帰り、ホテルの冷蔵庫で保存して翌朝の朝ご飯にしました。
持ち歩いている間にちょっとパンがつぶれてしまったかな・・・。

ヤオイソ フルーツサンド いちじくサンド アップ  いちじくサンドをアップにしてみるとこんな感じです。
すごく甘いサンドイッチを想像したのですが、生クリームの甘さは控えめ。
あまり甘すぎると果物の味が生きないで、パンに固定するための役目と
果物のフルーティーな味わいを楽しめるようにさっぱりと仕上げてある感じです。
だから朝ご飯に食べても全然おもくないんですね。
むしろ果物をたっぷり食べられるて胃腸がスッキリするような感じです。
全部食べても胃にもたれる感じが全くなかったですね。

フルーツパーラーは9:30~と遅めの開店なので、ブランチがてらに行くのもいいし、
それでは朝ご飯には遅すぎる!という場合はテイクアウトしてみてはどうでしょう?

フルーツサンドって日本にしかないらしいですけど、砂糖が入った甘めの柔らかいパンもいわゆる「和風」なパン生地みたいなので、日本人好みのパンだからこそ合うのかもしれないなぁと思ったり。サンドイッチ用のパンが薄いですしね。

おやつに家族で分け合いながら食べるのもいいなぁ。
砂糖がたっぷり入ったお菓子やスナック菓子よりも体にもよさげです。

ヤオイソ 四条大宮本店

ヤオイソ 外観  京都 住所:京都市下京区四条大宮東入ル立中町488
電話:075-841-0353
営業時間:9:00〜18:00 無休(年末年始のぞく)
ホームページ:http://yaoiso.com/

四条大宮本店の近くにフルーツパーラー(営業時間:9:30〜17:00)が、
同志社大学近くに烏丸店(果物店とフルーツパーラー)があります。
私は京都バスの1日乗車券を買い京都観光中に今宮神社からの帰りに
四条大宮で下車してサンドイッチをゲット。翌朝の朝食にしました。

ヤオイソ 四条大宮店サンドイッチ / 大宮駅四条大宮駅四条駅(京都市営)
昼総合点★★★☆☆ 3.0