和の流し菓子の代表選手の寒天。テングサを加工して固めたもので低カロリーなことからダイエット中のおやつにも最適。動物性のゼラチンに比べると弾力はなくサックリとした歯ごたえみたいなものがありますよね。
和菓子を扱うところではどこでも置いてますが、東京の下町情緒が残る谷根千散歩でいい感じのお店を見つけたのでそちらでいただいて帰ってきました。
これからの季節、冷たく冷やしたところてんやら寒天が美味しくなります。散歩の途中でつまみ食いをどうぞ。

黒蜜きなこ寒天 はい。寒天です。もうそのまんまでございます。
サイコロ状に綺麗にカットしてある寒天をキンキンに冷やした物で、
その場で食べたい場合は黒蜜ときなこを添えてくれます。一人前200円。

黒蜜きなこ寒天 アップ 寒天にお店特製の黒蜜ときなこをたっぷりかけていただく。
久しぶりに食べたけど、蒸し暑い日本の夏に適合したおやつだなぁと今更関心する。

黒蜜は全部かけないで持ち帰りました。
家にきなこがあるのでヨーグルトとか別の食品にかけていただこうかと。

たまたま谷中に用事があったので谷中銀座をブラブラしたのですけども、
谷中銀座のカフェやかき氷屋などはお客さんが列を作っていて、休憩に時間待ち。
ソフトクリームや具がたっぷりのかき氷も確かに美味しそうではあったけど、
谷根千の雰囲気には寒天の方がぴったりな気がしました。

近所の人らしい人たちが「寒天2本ちょうだい」とか持ち帰りをしているのが印象的。
寒天だけを買うこともできるし、あんみつとか蜜豆なども持ち帰りができるのです。

その後、日暮里の駅ナカであんみつの値段を見たら谷中の2倍近くてびっくり。
200円で美味しい寒天食べれてトクした気分になりました。
谷中銀座を抜け出て千駄木方面の道路脇にあるお店です。
散歩に疲れたときには是非寒天をつるりとどうぞ。

三陽食品

谷中 三陽食品 外観 住所:東京都台東区谷中3-8-9
電話:03-3821-0672
営業時間:7:00~19:00 日曜休

谷中銀座の外れにあるこんにゃくやさん。
テレビなどで取り上げられたこともあるようでわりと観光客にも知られています。
ところてんが評判高いようなので次回はところてんにチャレンジですかね。
カフェでもなんでもないのにその場で食べる方向けに椅子を何脚か並べてくれているのが親切です。

三陽食品和食(その他) / 千駄木駅西日暮里駅日暮里駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0