今や国内のどこへ行ってもその土地の名産品を混ぜ込んだソフトクリームにお目にかかれますが、よく見ると本当にソフトクリームに果物などを混ぜ込んでいたりする訳ではなく、香料で味や香りを出している物も少なくありません。
それでもご当地ソフトはつい手を出してしまいますが、JA新福島の農産物直売所で食べたソフトクリームは一口食べて「%AX?&SDDD!」と驚きの美味しさ。これ絶対に地元のいちご入れてるでしょ~っていういちごみるくソフトを頂きました。

JA福島 いちごみるくソフト こちらがそのいちごみるくソフトです。訪れたのが5月だったので苺だったのだと思います。
生乳ソフトと苺ミルクソフトとミックスがあったのでミックスをチョイス。
二つの味が同時に楽しめるミックスがお得な感じがするのは貧乏性なのだろうか。

JA福島 いちごみるくソフト アップ いちごみるくソフト(みっくす)をアップにしました。
よくみるとほんのりと薄いピンク色をしているのがおわかりになりますでしょうか?
無理に着色料などをつけずにいるので牛乳と苺が混ざってこのうすピンクなのではないかな。

JA福島 いちごみるくソフト ぱくりとひとくち ぱくりと一口。食べた瞬間、「んーーーー!♪」と声にならない心の声がもれそうになった。
最近流行のプレミアムソフトともまた違って、ソフトクリームとジェラートの間くらい。
ちょっとさっぱりしている食感と、まさにいちご味ではなく「いちごみるく」味が懐かしい美味しさ。
サクマのいちごミルクの味を思い出しましたよ。苺味ではなく苺ミルクっていうのがぴったり。

食べたのがJAの直売所で苺の時期だったので苺ミルクソフトをやってたのだと思いますが、
私、夏になったら絶対に桃ソフトをやると思いますよ。だって福島ですもん。
取れたて農産物の中で形が悪かったりして、果実としては出荷にはそぐわない物を使って加工品にするのではないかなと思います。

何よりびっくりしたのは、このソフトが250円だったことですね。
今時ソフトクリームは250円では食べれませんから。
(普通に300円とか350円はしますよね。)

うーむ。夏になったらまたここに来て違うフレーバーをたべてみたいなぁ。
果物王国福島ですから、なしとか桃とかのソフトを絶対に売っていると思ってます。
ともかく、ソフトクリーム一つで久しぶりに幸せになりました。

JA新ふくしま ここら吾妻店

JA福島農産物直売所 外観 住所:福島県福島市在庭坂字薬師田1−1
電話:TEL 024-592-1088
営業時間:9:00~17:00 or 18:00 (季節による変動有り)
ホームページ:http://www.shinfuku.jp/cyokubai-azuma.html

JA新ふくしまの農産物直売所の中で、県道五号フルーツライン沿いにあり、福島市周辺の各温泉地へのアクセス上にあるため、観光客でも目に留めやすい。
私はここから山の中の高湯温泉に向かうため、立ち寄りました。
野菜などの生鮮品だけでなく、パンや加工品(総菜、おやつ、お酒、漬物など多種多様)もあり、自炊用の食材調達やお土産物物色にもよいです。
ラジウム玉子も「こんなに種類あんの?」って感じ。