金沢に古くから伝わる加賀八幡様の起き上がり人形の故事にあやかったという最中。真っ赤な衣をまとっただるまのようなパッケージに包まれた人形型のもなかです。
一個だけ並べるのもころんとかわいいですが、これが箱にぎっしり詰まっているとなんだかちょっと怖い(笑)
お祝い事に最適なので、洋菓子が苦手な知人へのお誕生日にプレゼントと一緒に買っていきました。受けましたよ。

うら田 起上もなか 金沢 起上もなかが2体です。
のっぺりしたお顔が日本人を象徴しているようでなんともシュール。
ニヤリとした笑顔の真っ白いお顔は平安美人って感じですね。

うら田 起上もなか 裏側 金沢 浦田甘陽堂 もなかを裏面からみるところりと下に向かって下ぶくれの形がよくわかります。
本当にだるまのように立つからかわいらしいです。

うら田 起上もなか 中身 金沢 浦田甘陽堂 パッケージを開けるとこんな感じ。外観ほどかわいらしくなくなってしまうのが難。
もなかの型でちゃんとだるま型になっているんだけど、色がないから
細かい表情とかがよくわからなくなっちゃうのが残念です。
まさかここから色をつけたら手仕事になるから料金あがっちゃいそうだし。
味は勿論、間違いなく上質で美味しいです。これが100円で買えるのもいいですね。

このもなか、箱買いするとこのつぶらな瞳がずらーーっとこちらを見つめるんですよ。
手土産にするとそうとうインパクトあると思います。誰かにあげたい!!

若い頃、金沢に行ったとき、和菓子屋さんが多いことに驚いたんですけど、
年取ってくると洋菓子より、和菓子の方が食べられるようになってきたり、
高くても美味しい物を食べたくなったり、買い物する経済力が付いてくるので、
いやはや今金沢に行ったら、目移りするだろうと思います。
新幹線通りますからね~。通ったら絶対に行くんだ♪新幹線乗りたいから。

新潟に新幹線が通ってからというもの、日本海側は新潟がどんどん発展して、
金沢や石川などは行きにくくて不便でしたけど、これから変わるでしょうね。
冬は飛行機もしょっちゅう引き返してきちゃいますし。
もう20年以上行ってないので、久しぶりに行きたいです。
それまではデパートの催事やお取り寄せで我慢します。起上もなか♪

金沢うら田

住所:石川県金沢市御影町21-14
電話:076-243-1719
ホームページ:http://www.urata-k.co.jp/

上質な和菓子を各種取りそろえているお店。
起上もなかは事前に注文すれば人形入りにしてもらうこともできるそう。
赤ちゃんの誕生とかのお祝いにぴったり。
詰め合わせの箱も真っ赤で、かわいらしいです。