伊都きんぐ どらきんぐ生 中身 いちごまるごと 一人でブラブラと博多に遊びに行ったとき、お土産を物色していたときに見つけたのが伊都きんぐのお店。
それは博多のデイトスの中だったけど、「まあ、生菓子は土産にはできないわな」とスルーしていたのです。
しかし、福岡空港で再びそのたたずまいを見つけたとき、「これは買うべきでしょ」と自分用にその場で一個買いました。 で、食べてびっくり。なにこれ~。 ゚+。:.゚p´Д`q ゚+。: 
私、和生菓子でこれほど美味しいと思った食べ物初めてかも。というか和洋折衷?

伊都きんぐ どらきんぐ生 外観 こちらは購入したどらきんぐ生とパンフレットを並べた物です。
「私たちはイチゴを加工するプロです!」なんて言い切ったパンフレット初めて見た。
イチゴ大福とかもそれほど美味しいと思ったことのない私です。
おまけになんだかこの地味なフォルム。無造作にラップにくるまれたこの外観がいまいち?かと思いきや。

伊都きんぐ どらきんぐ生 なんかぷにっとしている ラップをはがして手に取ってみると、なんだかぷにっとしておりました。
普通のどら焼きは、外側の部分が硬くて弾力のあるカステラ生地なので、まずそれであれ?と。

伊都きんぐ どらきんぐ生 割ったところ そして、どらきんぐを割ろうとしてびっくり。うに~っと伸びて割れないのです。
中からクリームみたいな、ジャムみたいなのが見え隠れして、なんじゃこりゃ。
だって、クリームだったらぽたり、とこぼれ落ちそうじゃない???

伊都きんぐ どらきんぐ生 中身 いちごまるごと 半分くらい食べたところがこんな感じです。お店の広告写真のようにイチゴを真ん中から すぱっと切ったところの方が見目は麗しいのですけども。

なんとまずこのどら焼きの皮が薄いのです。そして、普通のどら焼きと違って餅粉が入っていて、 もちもちっとしているのです。カステラじゃないのですね。
パンフレットにも「ガワ」にこだわっています。と。ガワってカタカナ表記。

さらにあまおうイチゴ、あんこ、生クリームではなくて、イチゴムースなんです!
そして、あんこもなんか普通の和菓子のあんこっぽくないというか、
ムースと混ざって絶妙の味わいになるように調整して作ってある感じで。

さらに自慢のいちごですね。
私、イチゴ大福って、むやみにイチゴの酸味がきついのがいまいちだと思うのですが、
そもそもあまおうってその甘さが売りのイチゴなので、そういう違和感もなかった。

「ヒトクチ目を想像する。」というポリシーに上手くはめられた感じ。

ただ、生菓子なので、日持ちねっく。お土産に買うのは難しいですね。人にあげられない。
家族なら賞味期限が切れても問題ないけど、人に賞味期限が切れたのを「はい」って渡せない。

ダックワーズとかラスクとか日持ちするお菓子も売ってましたが、あまりそそられませんでした。
自分おやつに是非買って食べてみて。

伊都きんぐ 福岡空港店

伊都きんぐ 福岡空港店 住所:福岡県福岡市博多区大字下臼井767-1 福岡空港 第2ターミナルビル 2F
営業時間:8:00-21:00
ホームページ:http://www.itoking.jp/

あまおういちごの産地「糸島」にあるあまおうイチゴ加工販売所伊都きんぐ。
本店は糸島にありますが、それ以外は博多の繁華街や空港などに出店があります。
初めて食べたときの衝撃は、たぶん想像していた「どら焼き」とは全く違ったから。
2回目以降のヒトクチ目は感動がそれほどないだろうなぁと思いつつ、次回は他のものを買ってみたい。

伊都きんぐ 福岡空港店和菓子 / 福岡空港駅
昼総合点★★★★ 4.0