温泉饅頭は日本各地どこの温泉地に行っても必ず売られています。
その温泉饅頭を最初に売り始めたのは群馬県の伊香保温泉だそうで、伊香保では温泉饅頭ではなく「湯乃花饅頭(湯の花まんじゅう)」といいます。
伊香保神社下にある勝月堂が明治43年に湯の花の色に似せた湯乃花まんじゅうを考案したのが始まりとかで、今でも伊香保の長ーい階段を上った先で、おまんじゅうを買い食いしている観光客で賑わっています。

伊香保温泉 湯の花まんじゅう こちらが勝月堂の湯乃花まんじゅうです。この商品名って登録商標なんだろうか。
湯の花とひらがな表記のお店が多い中、勝月堂は「の」が「乃」という漢字です。

勝月堂のHPから抜粋すると、創業者が伊香保にこれといった名物がなかったことから、
茶色い湯の花をイメージして茶色いおまんじゅうを作ったのが始まりだそうです。
今では茶色いだけじゃなくって、緑とか、白とかいろんな饅頭を売ってますけど、
勝月堂さんはこの商品一本で続けているこだわりっぷり。
国産の厳選した材料を使っていて、味が美味しいのも勿論ありますけど、
やっぱり「発祥のお店」というブランド力の威力もかなりあります。
私とてこのお店で買い食いしてしまいましたから。
(ブランド力を落とさない努力はされている訳ですけどもね。絶対に。)

もっちりふっくらした茶色いおまんじゅうの中に甘さ控えめのあんこがぴったり。
蒸したて熱々で食べれたらもっと美味しかったかも。
伊香保は神社まで、長い石段が続いていますから、饅頭食べ歩きながら上に到達するのもありかもしれません。各種食べ比べで。(味違うかな?)

勝月堂

伊香保温泉 湯の花まんじゅう 勝月堂 住所:群馬県渋川市伊香保町伊香保591-7
電話:0279-72-2121 元旦他不定休
営業時間:9:00~18:00
ホームページ:http://www.shougetsudo.net/

1個80円から買えます。お参り、散歩のついでに立ち寄りたい。
石段を下から登るのは大変なので、バスで上まで行ってから降りるのがおすすめ。

勝月堂和菓子 / 渋川市その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.0