「ソースカツ丼って知ってる?美味いんだな。これが」
そうのたまった群馬出身の我が旧友。その旧友がソースカツ丼と共に押してきたのがこの焼き饅頭であります。
「美味しいから!」と実家に帰郷した際にお土産にと買ってきてくれたのですが、ふかふかのパンに味噌を塗って焼いて食べるという何ともシンプルな感じが、不思議というか、「言うほど美味しくもないような・・・」って感じに受け取っていました。
美味しいけど、そこまで押すほど美味しい?ってかんじで。中身のない饅頭が、中華のマントウを思わせまして。
何十年ぶりに久しぶりに群馬で食べてみましたが、これ、炭火で焦げた香ばしい味噌の味と、家庭のオーブントースターでは似て非なる物でした。

焼き饅頭 はいこちらが焼き饅頭です。ふっかふかのお饅頭生地を串刺しにして、甘辛い味噌を塗りつつ 炭火で香ばしく焼きあげる群馬県の名物です。
中身が入っていない饅頭ということで若かりし頃は肩すかしをくいましたし、
恐らく、オーブントースターかなにかで焼いて食べたんだと思います。
でも、炭火で焼いたのをいただいたら、味噌の焦げたところが香ばしくて、印象ががらりと変わった。

焼き饅頭 あんこ入り こちらの焼き饅頭はあんこ入りです。見た感じではわかりませんけども。
あんなしは4つが串刺しになってますけど、あん入りは2つです。

あん入り焼き饅頭の中身 中身はこんな感じ。こしあんが入ったお饅頭に味噌を塗ってやいてあるものです。
焼き饅頭自体は普通のお饅頭よりもむしろ生地はパンに近い感じ。ふかふかとしています。
これが一般的な饅頭の皮だと焼いて食べるのにはあわないですね。

結論としては、焼き饅頭は家で食べるより、お店で炭で綺麗に焼いてもらった方が美味しい。
そして、あんなしよりもあん入りの方が美味しいです。
友達にお土産にもらった時は「美味しかったよ」というコメントを返せたかどうか記憶にありませんが、
「すっごい美味しいの~」というあの彼女のテンションでは反応しきれてなかったと思うので、
きっと内心がっかりしていたであろう。

味噌パンとか、みそ焼き饅頭とか、内陸の群馬は食文化が全然違う物だ。(粉物おおいなぁ。)

あ、でもソースカツ丼は、彼女のいうとおり、お気に入りになりました。
最近、卵とじのカツ丼を食べたいってあんまり思わなくなりましたもん。
実際、群馬、福井、岩手、長野と旅のついでにソースカツ丼を食べる日々は続いております。
いまんとこ、岩手の一関のお店のが一番好き。


割田屋

沼田 割田屋 外観 住所:群馬県沼田市上之町186
電話:0278-23-3772
営業時間:10:30~17:30 火曜休

沼田の町中にある焼き饅頭のお店。お隣は和菓子屋さん。
気さくなご夫婦が経営しておられ、狭いながらも居心地が良かったです。
毎日、沼田高校の生徒が通学する音で目が覚めるとのことでした。
沼田高校の生徒達が放課後買い食いするのかなぁとしみじみと思いました。

割田屋和菓子 / 沼田駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0