しるこサンドといえば愛知初の和洋菓子の代表的な存在で、最近では関東のコンビニのPB商品などで普通に見かけるようになりました。ビスケット生地の中にあんこを薄ーく伸ばしたものが挟まっていて、一見ミスマッチに思える和と洋のコラボが面白いおやつ。
そしたら今度はこんな物が売っているのを発見です。愛知では普通なのかも知れないけど、関東で扱いがあるのは珍しいんですよ。270gという大ボリュームにも、かなりの高カロリーなのにも驚きましたが、買っちゃいました。しるこサンドクラッカー。

しるこサンドクラッカー 松永製菓 こちらがしるこサンドクラッカーです。なんと大容量の270g。値段も200円超えましたけど、迷わず手が伸びた。
普通のしるこサンドの半分くらいの大きさのクラッカーにあんこが挟まっています。
お子さんの口にもぽんっと入ってしまうくらいの大きさです。

しるこサンドクラッカー 松永製菓 中身 こちらがしるこサンドクラッカーの中身を出したところ。
食べてみてびっくりしたんですが、あんまり甘くないんですよ。
クラッカー生地なので、ビスケットより甘みが抑えられている。塩気があるから。
甘いビスケットだと数枚で食べられなくなるところ、こちらは止まらないんですね。

クラッカー生地がサクサクしているのは練り込まれている油分が多いってことですから、
これは困りますねぇ。結構、気がつかないうちにカロリーを取り過ぎる。
でもこれもうすこし小さめパックとかあればいいなぁ。旅行に持っていくのに。
海外旅行ではしばしば移動に時間が忙殺されてご飯を食べそびれることがあるので、
そういうときのおやつにいいかも。(ミレーでもいいっちゃーいいんだけど。)

ちなみに今回、松永製菓さんのホームページを初めて見たんですけど、
ビスケットだけでものすごいバリエーションがあるんですね。
おまけに商品の大半がしるこ関係というすごさ。愛知の人はあんこほんとに好きなんだなぁ。

ところで、この前、卵に少しアレルギーのあるウチの親戚の子供がギンビスの「たべっこどうぶつ」をたべていたので、「大丈夫なの?」と心配したら、「これ卵入ってないんだよ」って言われてびっくりしたんですけど、松永製菓さんのしるこサンドやしるこサンドクラッカーも原材料に卵使ってないんですね。
さすがに小麦粉は使わないと作れないのでアレルギーが強い子は食べれないけど、
こういう商品で卵を使ってない物が結構あるのは驚きでした。

今度愛知に行くことがあったら、他のバリエーション物をいろいろ探そうと思います。

松永製菓

住所:愛知県小牧市大字西之島330番地
電話:0568-72-1211
ホームページ:http://www.matsunaga-seika.co.jp/