銚子 木の葉パン 木の葉パンは千葉県の銚子近隣に長く愛されている素朴なおやつの一つ。お菓子屋さんでは必ず作っていた庶民の味で、佐賀や長崎などの九州で有名な丸ぼうろに似た食感と味の焼き菓子です。
特に銚子近隣の「和菓子屋さん」で作られており、材料や製法はそのお店によって様々ですが、木の葉のような菱丸型というんでしょうか、どのお店の商品もそんな形に整形されています。
お土産屋さんでも店頭の目立つところに鎮座しており、通りすがりの地元民だけでなく、観光客にも熱烈ピーアールしている感じ。

銚子 木の葉パン こちらは銚子の吉野製菓の木の葉パンです。(袋から出した写真を撮り忘れました。)
こちらのお店の木の葉パンは楕円形に近い形をしておりますが、
お店によっては木の葉の筋まで入れた本格的な形をしたものもあります。
駅前のお土産屋さんでも、各店舗で取り扱っている商品が異なっていて、
「うちの木の葉パンは蜂蜜を使っていて美味しいですよ!」とピーアール合戦です。

パンとあるので「パン屋さんが作るんですか?」と聞いたら、木の葉パンの専門店があるそうです。 売れまくるからこれだけで食べていけるんだそうな。

卵パンに似てますが、バターや砂糖が多めでよりお菓子っぽいです。
卵とバターの風味がきいていて、素朴なんだけど贅沢な味。
丸ぼうろよりもしっとりした感じですかね。

銚子電鉄 銚子駅に入ってくるところ 千葉 ほとんどが地元の人相手の小さなお菓子屋さんで作っているため、楽天などではネット販売しておりませんが、山口製菓舗などのオリジナルホームページを持っているお菓子屋さんではネット通販もしております。
興味があったらお取り寄せしてみてください。
旅好きなら銚子電鉄に乗りに行くついでに買うのも楽しいですよ。

田村パン

木の葉パン紹介ページ:http://tamurapan1933.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

山口製菓舗

木の葉パン紹介ページ:http://www.choshinet.or.jp/~pan/konoha.html