新潟の本間製菓というメーカーが作っている素朴なおやつ。 新潟のおせんべいと言えば米菓が圧倒的なシェアをほこり、全国を席巻しておりますが、小麦粉を使った味噌風味のおせんべいで、サクサクと軽くて止まらなくなります。
白麹味噌をほんのり効かせたほんのり甘いおせんべいです。

本間製菓 越後 味噌せんべい こちら一袋の内容量は120g。ジッパー袋になっているので食べきらなくても安心ですが、
軽いので気がつくとざっくりと1/3くらい食べれてしまうのです。恐ろしい。

本間製菓 越後 味噌せんべい 中身 軽いせんべい 中身はこんな感じ。直径3cmくらいの軽いおせんべいです。
炭酸せんべいよりは重めで、ピーナッツせんべいよりは軽い感じ。
原材料に植物性油脂が入っているので、焼いたときに適度に軽くなるのかと。

味噌の味は濃くなく、「言われてみれば味噌味」と感じるくらい。
ほんのり甘めなので、お茶請けに食べるとぴったり。
味噌と言えば信州で味噌せんべいもいろいろありますけど、そういや山超えて
越後も越後味噌ってあったっけなぁと。

岩塚、亀田、三幸と米のせんべいが圧倒的シェアを誇る新潟ですけど、これはこれでいいなぁ。

関係ありませんが、以前、ローカル列車で新潟から群馬に向かっていたところ、
「岩塚」という駅がありました。
もしや岩塚って・・・と窓の外を見ていたら、遠くにでっかい岩塚製菓の工場が。
岩塚周辺の雇用を支える優良企業なんでしょうねぇ。

ちなみにこの越後蔵本シリーズの味噌せんべいは製造は本間製菓さんですが、
新潟市にある製菓卸会社「株式会社清野屋」が立ち上げた「株式会社清雅園」という会社が販売しているシリーズです。

清野屋さんの公式ホームページで、地場メーカーとコラボして立ち上げた
このシリーズのことや清雅園、メーカーさんの紹介がでてますのでご参考まで。
次に新潟行ったら、このシリーズの別の商品を買って帰ってこよ。
それかお土産にリクエストしようと思います。

清野屋の取り組みOur Approach
~ お菓子の企画開発・提案型企業、そして菓子製造卸売業を目指して ~