マルセイキャラメル。初めて食べたのは北海道土産です。北海道出張に行った家族から買ってきてもらったお土産です。六花亭のキャラメル。
「土産なにがいい?」と言われたものの、とっさに思い浮かばず、六花亭のもので食べたことないものをリクエストしました。一度アンケートに答えてしまってからという物毎月カタログが届くのでなんとなくいろいろあるなと思って。そしたら当時新製品だったキャラメルを買ってきてくれました。一言で言うと「これ、美味しい!」

マルセイバターキャラメル 六花亭 箱 北海道土産のキャラメルと言えば花畑牧場の生キャラメルが一斉を風靡しましたが、
もう風前の灯火というかんじですね。
あまりに話題になるので、北海道に出張する同僚に頼んだことがありますが、
たべてみて、感想は「ふーん」という感じでした。
私にはそれほど好みの味ではなかったのです。どろ~ととろけるところが今ひとつ。
キャラメルってどちらかというと森永のキャラメルよりアーモンドグリコの方が好き。
アーモンドとかの香ばしさがプラスされている方が美味しいと思うのです。
だからキャラメルだけを味わうタイプで、かつ高いので、あんまり魅力的ではなかった。
これが出たとき、一瞬、六花亭もブームに追随するのかと思ったけど、違いますね。
それに考えてみると、北海道土産って昔からキャラメルとホワイトチョコだったな。

マルセイバターキャラメル 六花亭 箱を開けたところ 見てください。個包装になったキャラメルがたったの6包みです。
マルセイシリーズってパッケージも高級そうな感じですけど、キャラメルが
ここまで丁寧に包まれているのをみると、なんとも高級感があります。

海外に行くと東南アジアとか中東とかでナッツを飴で固めたお菓子がありますが、
見た目はそれに近いです。
旅先で甘い物が食べたくなったときに買うんです。外れが少ないから。
それとナッツが大量にはいっていてがりがりと香ばしいのもいいのです。
そんなものに似ているのかなと想像しました。

マルセイバターキャラメル 六花亭 このマルセイのバターキャラメルはバターの風味がきいたなめらかなキャラメルに、
ナッツやパフなどの香ばしいフィリングが混ざっていて、もろに私好みと思った。
でも、実は入っているのはナッツでもパフでもなかったのです。
ナッツではなく大豆で、パフではなくマルセイビスケットだったのです。
砕いたマルセイビスケットが混ぜ込まれているのですね。贅沢だわ。

ちょっと夏とか暑い時期には溶けちゃってべたべたで美味しくなくなりそうですが、
25℃以下の涼しい場所で20日間 の日持ちだそうです。
チョコレートと同じくらいの扱いが必要なキャラメルです。

北海道っていうブランドは日本だけでなく、台湾を始め徐々にアジアに広がっているようですが、相変わらず次々と新しい北海道土産が生まれています。
どうしても北海道産の生乳とかを使った物が多いので、生菓子や洋菓子が多くて、
要冷蔵なところが土産にしにくいですけど、それでも北海道物産展はいつでも盛況ですよね。

そんな中で、六花亭は常温で持ち帰れる美味しいお菓子がたくさんあるのが魅力です。
元は和菓子屋さんだったって聞いたけど、有名なのは洋菓子の方ですね。

六花亭 本店

住所:北海道帯広市西2条南9丁目6
電話:0120-12-6666(六花亭フリーダイヤル)
営業時間: 9:00~19:00
ホームページ:http://www.rokkatei.co.jp/