ユーハイム あかいずきんの女の子ケーキ 過日、知人への手みやげにデパ地下で購入したケーキ。夏だったのでゼリー物のさっぱり味が多く、物珍しさに欠けておもしろくない。さんざん歩き回ってユーハイムの前を通りかかったときこのケーキたちに釘付け!! よくもまあ、こんなに手の込んだかわいいケーキを作るものですね。
全国展開しているお店なので、割と日本各地で買うことができますが、残念ながら東北地区など、お店がない場所もあります。

ユーハイム あかいずきんの女の子ケーキ まずは主役ともいえる「赤いずきんの女の子」です。
赤ずきんちゃんというのは何か不都合があるのかな。童話なので著作権とかは大丈夫な気がしますが。(作者が亡くなってだいぶたってそうな気がする。)
ハート形のケーキを立てて赤ずきんに見立てているのがすごいです。
ちなみに下のケーキはバームクーヘンでした。ボリュームありすぎ。

ユーハイム コラボシリーズ 森の小鳥 こちらは森の小鳥です。これもかなり手が込んでいます。
アプリコットムースの中に、アーモンドミルクムースとアプリコットゼリーを閉じこめているそうで、あかずきんちゃんよりさっぱりかな?

ユーハイム コラボシリーズ お見舞いのバスケット こちらはお見舞いのバスケットです。
個人的にこいつが味の好みとしては一番好きだと想像します。
だけど、甘い物苦手な人に譲ったので、私はずきんだった。
ライム風味の爽やかなチーズタルトの上に、ブドウ酒型チョコレートと様々なフルーツを飾ってあります。
葡萄酒型チョコレートは裏から見ると半分しかありません。
瓶の形に見えるのは正面からのみです。

ユーハイムのケーキいろいろ 他にベッドに寝ころんでおばあさんのふりをしているオオカミとか、
花束の形をしたクレープとかもありましたが、こちらはいまいちだったので、
細工が綺麗で「すごいわね~。」と受けそうなものだけを買いました。
詳しくはユーハイム・ディー・マイスターの赤ずきんのページでどうぞ。
ただし、赤ずきんはもう販売は終わってます。店頭で購入できるのは新たなシリーズです。

これまで知らなかったんですけど、ユーハイムってドイツ人が起こしたお菓子屋さんなんですね。
そして、この方がいたから日本でバウムクーヘンがメジャーになったのかな。
ちょっと前、「日本人の知らない日本語(3)」にドイツ人が日本に来て驚いたことという一コマで、バームクーヘンのことが書いてありました。
ドイツでは地方の田舎菓子なので、知らないドイツ人も多いそうです。
そういう物を日本人が知っていて、日本で地位を獲得していることに驚いたようです。
(たぶん3巻に載っていた気がします。)

ユーハイム

ホームページ:http://www.juchheim.co.jp/

通販では買えませんので、お近くのユーハイムディーマイスターでどうぞ。
バームクーヘンなどの日持ちするおやつであれば高島屋オンラインストアでも買えます。
京都、横浜の店頭受け渡しのショートケーキの予約もオンラインで可能です。