イタリアンロール 静岡 冨久屋 ネット通販が広がり小さな小売店でもスイーツなどのお取り寄せサービスを始めるようになり、地方のお店が全国に顧客を持つようになった昨今、かたくなに店頭販売と催事販売を貫くケーキ屋さん。
そのこだわりのロールケーキの味は大評判で、予約なしでふらりとお店を訪れては購入できないことも。
伊豆をぐるりと旅した後に沼津インターに乗る前に、こちらでお土産に購入してかえるのが定番です。

イタリアンロール 静岡 冨久屋 写真の切り口が汚くてすいません。ナイフをお湯で暖める時間も惜しかった。
冨久屋イタリアンロールはアーモンドスライスをちりばめたバターたっぷりのシュー生地にスポンジを重ねた後、 たっぷりの生クリーム、そして栗をちりばめてからくるくると巻き上げる。

このシュー生地を巻いたロールケーキというのはここ以外でも食べたことがありますが、
そのお店のシューロールも地元では評判のようですけど、イタリアンロールに比べるとカスカスなの。
イタリアンロールはしっとりとしたシュー皮が柔らかなスポンジになじんでいて、
さらにちりばめられたアーモンドスライスが香ばしいアクセントになっていてよい。
さらに店頭販売にこだわるのは新鮮な素材の味を楽しめなくなるからで、
フレッシュな生クリームの味が至福の味に仕上げてくれるのですね。

お取り寄せとか冷凍ではこの味を保てないのでやらないのでしょう。
賞味期限は2日
3日目でも食べられないわけではないと思うけど、味が変わってしまうと。
地域によっては到着したときには賞味期限がきれてしまいますね。

実は幼少の頃、沼津在住の親戚から忘れられない味のロールケーキをもらったことがあります。
あまりのおいしさに家族でがっついて食べてしまい、お店の名前をメモをすることすら忘れておりました。
大人になって調べると、親戚が沼津在住だったことや、見た目を考えると「冨久屋」以外あり得ないのですが、 当時の日本では庶民は生クリームではなく偽物のホイップクリームを使ったケーキをよく口にしていましたし、安物の100円ケーキを食べ慣れていた舌には衝撃の味だったのですが、大人になって自分でおいしいものを買えるようになった今となっては、「ううむ。あのときはもっとおいしく感じたのだが。」と味の記憶が曖昧になってしまった。

味の記憶というのは美化されますし、味の落差を記憶しているからこそ
「うまい!」という感激があるとどこかの学者がゆっていたなぁ。

ともあれ私の記憶の中で一番好きなロールケーキはこれです。
今時はコンビニのロールケーキもおいしいけど、外皮とのバランスが好きですね。
うちの近所にも催事で来てくれないかしら。

冨久家 沼津店ケーキ / 沼津駅)  昼総合点★★★★ 4.0

住所:静岡県沼津市御幸町17-17
電話:055-931-2275 営業時間:9:00~18:00 日曜休み
ホームページ:http://www.east-map.com/fukuya/

冨久屋 長岡店  ふくやEMAIR

住所:静岡県伊豆の国市南江間1387-4
電話:055-948-3039
営業時間:9:00~19:00 月曜休み